Select Page

国会安倍総理大臣と自民党の二階幹事長が総理大臣官邸で会談し、会期末の 国会 対応を協議し、安倍総理大臣は「国会対応は幹事長と国会対策委員長に任せる。何があってもいいように、万全の態勢で臨んでもらいたい」と指示しました。

これを受けて自民党は臨時の役員会を開き、年金支給額の新たな改定ルールを盛り込んだ年金制度改革関連法案と、カジノを含むIR=統合型リゾート施設の整備を推進する法案を確実に成立させることを確認しました。

また、民進党など野党側から、安倍内閣に対する不信任決議案が提出された場合には、自民・公明両党で一致して否決する方針も確認しました。

もっと詳しく