Select Page
民進 風間 有田両参院議員が離党 立民に入党へ

民進 風間 有田両参院議員が離党 立民に入党へ

民進党の参議院議員の風間直樹氏は、大塚代表宛てに離党届を提出したうえで、立憲民主党の枝野代表と会談し、入党届を手渡しました。また、先週、民進党に離党届を出した参議院議員の有田芳生氏も、立憲民主党に入党届を提出しました。 民進党の参議院議員の風間直樹氏は21日午後、党本部で大塚代表宛てに離党届を提出したあと、国会内で立憲民主党の枝野代表と会談し、入党届を手渡しました。続きを読む Also...

首相と公明 山口代表 通常国会で公約実現 結束を確認

首相と公明 山口代表 通常国会で公約実現 結束を確認

安倍総理大臣は21日夜、総理大臣公邸で、公明党の山口代表らと会合を開き、来年の通常国会で、衆議院選挙で掲げた公約の実現を図るため、引き続き、自民・公明両党が結束して政権運営に当たっていくことを確認しました。 会合には、政府側から安倍総理大臣や菅官房長官らが、公明党側から山口代表や井上幹事長ら幹部が出席しました。続きを読む Also Read...

公明 山口代表 「憲法問題はテーマや期限決めず議論」

公明 山口代表 「憲法問題はテーマや期限決めず議論」

公明党の山口代表は記者会見で、自民党内の憲法改正論議を今後も見守っていくとしたうえで、公明党としては、議論のテーマや結論を出す時期をあらかじめ決めず、丁寧に議論を進める考えを示しました。 この中で山口代表は、自民党の憲法改正推進本部が20日、論点整理をまとめたことについて「自民党が議論を重ねて取りまとめを公表したので、そのまま受け止めたい。自民党の議論に干渉しないよう見守る姿勢で臨んできたので、今後も見守っていきたい」と述べました。続きを読む Also Read...

一時間のトップニュース

24時間のトップ記事

トップシンクタンクニュースフィードアプリ

タンク記事と思うサーチ

人間 権利 記事 サーチ

ジャーナリスト ページ ニュース ビデオ

アンチレイシズム&アンチデファメーションのニュースと記事

トップシンクタンク

残業時間の上限規制、残された課題は?ー労働者保護の立場に立った政策の推進を!

経団連と連合は3月13日、働き方改革の一環として残業時間の上限を最大で年720時間(月平均60時間)までに制限するという、残業時間の上限規制について労使で合意し、安倍首相に合意文書を手渡した。これが実行されると、事実上無制限に残業時間を増やすことができる「36協定」が制限されることになる。...

「人生100年時代」の到来~長生きを「恩恵・特権」にしていくために

“人生100年”に関連する言葉を最近よく見聞きする。昨年発刊されメディアからも注目された書籍「LIFE SHIFT(ライフシフト) ~100年時代の人生戦略1」だったり、神奈川県の黒岩知事が進める「人生100歳時代の設計図策定プロジェクト」2、また自民党内に設置された「人生100年時代の制度設計特命委員会」(小泉進次郎氏が事務局長)など、様々な場面で人生100年(歳)という文字を見る。...

「てるみくらぶ」の経営破綻-問われる企業経営者の「責務」

格安旅行会社「てるみくらぶ」(東京・渋谷)が3月27日に経営破綻、東京地裁に自己破産を申請した。3月23日に国際航空運送協会(IATA)への支払が滞り、25日に航空券の発券トラブルが顕在化、26日に観光庁の立ち入り調査が行われた。同社は観光庁に登録された第1種旅行業者で、平成26年9月期から営業損益が大幅な赤字に陥り、昨年9月期には約75億円の債務超過だったとされる。...

ビデオ

ビデオ

アドバタイズメント